パソコン機器のハードウェアーを中心にその機能を比べてみよう!

パソコンメーカの特徴

  • HOME »
  • パソコンメーカの特徴

日本ではメーカー製、ショップブランドBTO(Build to Order)自作パソコンと共産圏では考えられないほとんどあらゆるメーカのパソコンが入手可能です。これほどパソコン利用が広がったのはパソコンの持つ汎用性のおかげではないでしょうか。例えば現在の日本のホワイトカラー人口約2300万人 、おおよそあまりパソコンとは馴染みのない一次産業である農業・水産業の現場を覗けば工場での生産やお店での接客販売も含めて何らかの形でパソコンと触れ合う機会が多く、自宅に戻ってからは情報入手のためにインターネット、コミュニケーションのためにメール、パソコンを使わなくとも今やスマートフォンでのアクサスなど情報化の波は今後も続くことが予想されています。このような社会状況の中大手電機メーカーを始めパソコンは自作まで含めると一人複数台が当たりまえの時代になってきております。パソコンメーカーの特徴はHP、DELL、IBM(LENOVO)に代表される外資系パソコンと日本の大手電機メーカーに2分される状況です。それぞれコストパフォーマンスに強い外資に対してサポートに重点を置いた国産パソコンメーカーといった構図が見られる現状と思われます。部品の入手やマニュアル・ドライバー情報の公開に関しては外資系の特にLENOVOは特筆すべきものがあります。またサポートに関してようやく電話番号を見つけDELLのサポートに電話してみたらサポートは中国だったとはよく聞く話です。また、最近では国産メーカーはパソコンの生産には力を入れていないため徐々に生産から撤退するメーカーも見られるようになりました。より良いサポートを受けるためにも今後の動向には注意が必要です。

 

PAGETOP